結婚式に招待されたら! 気をつけたいマナー

どんな服装をしたらいい? 男性編

結婚式での男性の服装は、フォーマルスーツ(黒の礼服)が基本です。ワイシャツは白のレギュラーカラーを基本として、白またはシルバー系のネクタイを着用します。革靴は内羽根タイプのものが正式です。ネクタイと色を合わせたポケットチーフも忘れないでください。以上が男性の基本的な服装ですが、新郎新婦が特に親しい友人などカジュアルな雰囲気がある場合は少々ハデなネクタイなどを着用してもかまいません。結婚式では基本的な服装にしておいて、二次会でネクタイなどのアイテムを変更する方法もあります。

どんな服装をしたらいい? 女性編

女性が結婚式に招待された場合、男性と同様に黒を基調としたフォーマルな服装が選択肢のひとつです。しかし結婚式は最大級のお祝いの場なので、華やかな色彩のドレスなどを着用する女性が多く見られます。複数のドレスを個人で所有するのは難しいこともあるので、衣装のレンタルを検討しましょう。靴やバッグもセットで借りられる業者もありますよ。花嫁よりも目立つことのないよう、注意して衣装を選んでください。髪型は通常通りでかまいませんが、髪が長い場合は美容院でセットしてもらうのもおすすめです。美容院を利用する場合は結婚式当日になるので、必ず予約しましょう。アクセサリーは真珠のものであれば冠婚葬祭問わず使えます。

ご祝儀についての注意点

ご祝儀には決まった金額設定はありません。あくまでも気持ちが大切ですが、新郎新婦との関係によって目安となる金額があります。祝儀袋を買うときは、水引が「結び切り(あわじ結び)」のものを選んでください。水引が蝶結びの祝儀袋は、結婚式では重大なマナー違反なので避けましょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を計画するにあたり、仲介業者にサポートを依頼することで、相手方との交渉をスムーズに行うことができます。