思い出に残る!あたたかな家族婚の3大メリット

余計な出費がおさえられる

家族だけで行う結婚式である家族婚。少人数でこじんまりと行えるので、たいへん人気です。気心が知れていますから、余計な演出なしで、あたたかな式を行うことができます。何かと物入りになる新生活のはじまりですから、結婚式を小さく行うのも一つの方法です。

レストランウェディングでおいしい料理

家族婚の場合、結婚式場にこだわる必要はありません。レストランで結婚式を行うこともできます。また、挙式のみ教会や神社仏閣で行い、その後、場所を変えて食事というスタイルであれば、一般的なレストランの個室なども利用することができますね。もし、好き嫌いがあれば、メニューに反映させたり、あるいは新郎新婦の手づくりの一皿などもいれることができます。

距離が近いからたっぷり話ができる

一般的な挙式披露宴では、主役である新郎新婦と招待客が話す時間はほんのわずか。その後の二次会などでやっと、落ち着いて挨拶ができる、というのも珍しくありません。家族婚であれば、ずっと一緒の席につけますので、色々とたのしいおしゃべりをすることができます。子どものころの思い出話など、両家で情報交換する場にもなり、今後もよい関係を気づくきっかけにすることもできるでしょう。

写真婚との組み合わせもお勧め

披露宴の代わりにお食事会、挙式の代わりに写真婚、この2つを合体して家族婚を行うというのもお勧めです。写真婚は新郎新婦二人でも行えますし、ちいさなお子様がいても、比較的実施しやすい形です。その報告会としてお食事会をすることで、家族婚という形をとることもできます。二人の晴れ姿が見たかった、という両親のための家族婚もとても素晴らしいものですね。

長崎の結婚式場には、九十九島の絶景を眼下に臨みながら挙式できる会場があります。大自然に囲まれたウエディングは生涯の思い出です。